男性、女性の薄毛の悩みにつむじが薄いという症状があります。頭頂部にあるつむじの薄毛を改善する方法、育毛剤について解説します

つむじが薄い時の改善方法

毎日のストレスやダイエット、老化などで薄毛や抜け毛に悩む女性が増えています。 ただ、男性に比べると、女性の薄毛は血流改善作用が非常に重要です。 女性の薄毛対策を挙げてると、
check しっかりとした睡眠と栄養をとる
check 頭皮をしっかり保湿する
check 頭皮の血行を促進する
check 毛乳頭にしっかり栄養素を送る

女性にできる薄毛対策として、まず栄養バランスの摂れた食事です。良質なたんぱく質を含んでいるお肉、卵や大豆、魚などをしっかり食べる事をおすすめします。さらに、アミノ酸系の育毛シャンプーで頭皮を優しく洗い、清潔にすることが大切です。

ですが、育毛シャンプーだけで薄毛を解消するのは難しいです。ふけやかゆみを抑えたり、抜け毛予防に最適ですが、毛髪を成長させることはできません。
つむじが薄いと感じた場合には、頭皮の血行促進と栄養補給の役割をする育毛剤の使用がお勧めです。栄養分をしっかりと毛根に送り、毛母細胞を活性化することが重要です。人気の育毛剤はマイナチュレや花蘭咲などの返金保証がついた育毛剤です。

つむじが薄いのを改善する方法

育毛剤


育毛剤は頭皮の血行促進、栄養素の補給、毛母細胞の活性化など、毛髪の成長をサポートしてくれます。育毛剤の種類によって効果は違うので選ぶときは確認が必要です。

育毛シャンプー


育毛シャンプーは頭皮環境を整えます。過剰な皮脂を落とす事で、フケやかゆみを防いでくれます。頭皮環境を改善して、抜け毛予防に力を発揮しますが、毛髪の成長はできません。

ミノキシジル


ミノキシジルは血管を強制的に拡張させる育毛剤です。日本ではリアップレディが有名です。ただ頭皮のかゆみ、低血圧、循環器系疾患などの副作用が報告されています。

マイナチュレが選ばれている3つの理由

血行促進作用で育毛促進
髪の毛の成長には栄養分が欠かせません。髪の毛はタンパク質出できているため、血行不良になると細くなってしまいます。マイナチュレには血流改善作用のあるセンブリ、ニンジン、カラシエキスなどを配合。血行を良くすることで栄養分をしっかりと毛根に届け、毛髪の成長を促進します。
保湿、抗炎症作用で抜け毛予防
マイナチュレには植物エキスをたっぷり配合。消炎作用あるビワ葉エキス、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸、保湿作用のあるヒキオコシエキスなどが頭皮環境を改善します。乾燥や炎症を抑制することで毛穴の詰まりを抑制し、抜け毛を予防します。 。
ダメージ成分無添加
マイナチュレは無添加にこだわり。香料、鉱物油、パラベン、石油系合成界面活性剤などのダメージ成分は無添加です。マイナチュレは化粧水のようなさらっとしたテクスチャーです。ベタつきやニオイもないので、周りを気にする必要もありません。

つむじの薄毛に最適な育毛剤

マイナチュレ
北海道産のミツイシコンブで頭皮をしっかり保湿、ミネラルもたっぷり含んでいます。さらに31種類の天然植物成分配合で、血行を促進して毛髪の成長を促します。
価格:5,350円 返金保証
育毛剤 花蘭咲
宮崎県で栽培されたエビネ蘭エキスを使用。血行を促進して毛乳頭の働きを活性化します。頭皮に優しい天然植物成分だから副作用もなく、敏感肌の方でも安心です。
価格:5,040円 返金保証
ラサーナ育毛剤
11種類の海藻エキスで頭皮をしっかり保湿。センブリエキス、ニンジンエキスなどで頭皮の血行を促進して毛乳頭に働きかけます。
価格:4,200円 送料無料 返金保証
育毛剤ケモア
育毛剤に初めて使用されたレパゲルマニウムが毛根に酸素を運び、頭皮の血行を促進します。さらにビタミンBを含んだ栄養成分が、毛母細胞を活性化して毛髪の成長を促します。
価格:5,250円 送料無料 全額返金保証
ポリピュアEX
特許成分、長鎖分割ポリリン酸が発毛たんぱく質を安定化させ、毛乳頭にダイレクトに働きかます。刺激された毛母細胞が分裂を繰り返して、毛髪を成長させます。
価格:7,800円 返金保証

つむじの薄毛には育毛剤で改善

育毛剤と言えば男性用のイメージがありました。 女性が薄毛になるわけがないという間違った常識で、薄毛に悩む女性達はさらに大きなストレスを抱えていました。しかし、ここ数年で女性育毛剤の数が非常に増えました。



女性の薄毛や薄毛は十分に起こりうるものとして考えられるようになり、男性の育毛剤ほど広く認識されてはいないものの、女性用の育毛剤の市場も、年々拡大しつつあります。 女性の薄毛は中高年から増えていく症状だといわれていますが、若年層から発生しないことではありません。無理なダイエットで髪の成長に必要な栄養素が失われたり、カラーリングやパーマによって傷んだ髪が抜けやすくなることを原因として、薄毛の悩みを抱えるようになる方も数多く存在します。

もちろん、年齢と共に血流が悪化したり、代謝が低下すると、髪の毛は細くなってきます。また、更年期以降は女性ホルモンが減少しはじめて頭皮の細胞の働きが弱まり、髪は抜けやすくなります。 そうして髪トラブルが発生したときに力となるのが育毛剤です。育毛という名称からどうしても使用に抵抗を感じ、お店などでは中々購入できない傾向にあるといいます。人にばれたら恥ずかしい、そんな思いが多くの女性にありました。

しかし、最近ではネット通販でも多くの女性育毛剤が販売されています。 女性用の育毛剤は女性にあった形で、特徴的な香りもなくおしゃれな容器にいれられていることがほとんどです。

使用に躊躇を感じるような育毛剤らしいものではないので、余計な先入観を持たず活用してみることをオススメしたいです。女性育毛剤ランキングで売れているのがマイナチュレです。ネットで購入でき、さらに返金保証もしっかりとついています。

つむじが薄いと感じ始めたら、はやめに育毛剤を使用する事をおすすめします。そして育毛剤は3ヶ月以上使わないとなかなか変化がわかりません。1ヶ月程度の使用ですぐにやめるのは非常にもったいない事です。最低3ヶ月から半年くらいはしっかりと育毛剤を使用し続ける事をおすすめします。

つむじの薄毛対策には血行促進がポイント

髪の毛の成長には血行促進が非常に大切です。髪の毛は血液に含まれる栄養素によって成長します。年齢やストレスなどにより血行が悪くなると、代謝も低下して髪の毛は抜けやすくなります。ここでは血行を促進する方法を幾つか紹介します。



●運動
有酸素運動は血行促進に非常に有効です。肺活量が上がることで血液の循環がよくなります。おすすめの有酸素運動は1日20分程度のウォーキングです。ウォーキングを週に3回程度するだけでも心肺能力が高まり、血流は改善します。また運動をする事は基礎代謝の向上にもなります。負荷をかける運動よりは緩くても継続する事が大切です。

●ストレス解消
ストレスは血行不良の原因です。また自律神経やホルモンバランスの乱れ、活性酸素の増加などの問題も引き起こし、髪の毛の成長にはマイナスです。特に長時間のストレスは髪の毛だけでなく、体全体の異常も引き起こします。ストレス解消で最も大事なのが睡眠です。しっかりと睡眠を取ることで副交感神経が優位になり、髪の毛の成長にもプラスになります。他には趣味に没頭したり、スポーツ、気心の知れた人と時間を過ごすのもストレス解消にはおすすめです。

●喫煙対策
タバコは交感神経を刺激し、血管を収縮させます。血流が低下することで栄養分を十分に供給できなくなり、髪の毛の成長力は低下します。さらに喫煙は活性酸素を発生させ、血管や細胞にダメージを与えます。活性酸素を除去するためにビタミンCが消費されますが、ビタミンCが不足すると細胞や血管は酸化しやすくなります。薄毛対策を考える場合、出来る限り禁煙する事がおすすめです。ストレスが溜まる場合は減らしていく事が大事です。

●食事
食事は血行促進を考える上で非常に重要な要素です。肉食が中心になった現代では、血行が悪くなる傾向があります。動物性タンパク質ばかり取ることは良くありません。特に脂身のあるお肉や揚げ物は血中コレステロール値をあげます。血液改善でおすすめなのは食物繊維、不飽和脂肪酸です。食物繊維は緑黄色野菜をはじめ、青汁などにふくまれています。不飽和脂肪酸は青魚やクルミ、亜麻仁油、えごま油などに含まれています。他には納豆に含まれるナットウキナーゼも血栓を防止する効果があります。

ミノキシジルでつむじの薄毛対策

つむじの薄毛の多くは血行不良が原因です。血流が悪いと、栄養分が細胞までしっかり届かず、毛母細胞の働きは弱まります。加齢やストレス、喫煙などにより、血管は収縮し、血流量が減少します。そこで使用したいのがミノキシジルです。



ミノキシジルには血管を拡張する作用があり、血流量を増やします。もともとは降圧剤として使用されていましたが、多毛の症状が見られたため、育毛剤として開発されるようになりました。ミノキシジルは大正製薬のリアップに含まれています。女性用はミノキシジル1%のリアップリジェンヌです。

ミノキシジルで血管を拡張することで、栄養分を毛乳頭にしっかり届けます。毛乳頭細胞に栄養が届くと、毛乳頭細胞から伸びる繊毛が長くなります。繊毛からは細胞増殖因子が産生され、毛母細胞を活性化します。さらに、血管を新生する成長因子も産生し、毛髪の成長を促進します。

ミノキシジルで血流量を増やすことで、年齢とともに低下する代謝を改善します。ただ、ミノキシジルは育毛剤に含まれている生薬に比べれると刺激は強めです。頭皮に痒みや炎症が出来る場合は、リアップの使用を中止することをおすすめします。また、血圧や心臓の病気などで治療をしている場合は医師に確認する事が推奨されています。

成長因子で細胞活性化

薄毛対策の方法にAGAメソセラピーやHARG療法があります。これは発毛促進カクテルと呼ばれる成分を、注射などを使用し、直接頭皮に注入する毛髪再生医療です。毛髪再生医療は薄毛治療クリニックで行われています。大手ではAGAスキンクリニックが有名です。メソセラピーは男性だけでなく、女性にも有効な薄毛治療です。



AGAメソセラピーで使われるカクテルには成長因子と呼ばれる成分がたっぷり使用されています。主に使用されているのが、毛母細胞を活性化するKGFとIGF、血管新生作用のあるVEGF、血流改善作用のあるbFGFなどがあります。これら成長因子が毛根にダイレクトに働きかけ、休止期にある毛包に刺激をあたえたり、毛母細胞の活性化を促進し、毛髪の成長をサポートします。

その他にも、血流改善作用のあるミノキシジルやフロジン液、代謝を促進するビタミンB、抗酸化作用のあるコエンザイムQ、ビタミンCなどの育毛ケア成分を配合。育毛剤などに比べると、毛根まで育毛ケア成分がダイレクトに届くことで、髪の毛の成長をしっかりとサポートします。

AGAメソセラピーやHARG療法に副作用は報告されていません。最近では、痛みのある注射による注入だけでなく、針を使わないノーニードル法、電気を使用するエレクトロポレーション、レーザー法などもあります。ただ、メソセラピーやHARG療法などの毛髪再生医療は費用が高めです。1回あたり5万円以上かかります。

ホルモンバランスの改善も重要

つむじの薄毛対策に女性ホルモンも大きく関係しています。


出典:ザクロ屋

女性ホルモンには細胞を活性化する働き、血流を改善する作用、骨を丈夫にする働きなどがあります。血液の流れが良く、細胞が活性化することで、毛髪はしっかりと成長します。そんな女性ホルモンですが、20代から30代前半をピークに、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌は少しずつ減少します。さらに、40代以降の更年期からは卵巣の働きが低下し、急激に減少します。


女性ホルモン自体を増やすことはできません。女性ホルモン対策としては植物エストロゲンを摂取する事がおすすめです。植物エストロゲンは女性ホルモンに似た働きをし、ホルモンバランスの改善をサポートします。こ更年期症状の緩和、薄毛対策におすすめの植物エストロゲンを含んだ食べ物について紹介します。


●ザクロ
ザクロにはエストロンと呼ばれる女性ホルモンが豊富に含まれています。エストロンは更年期障害を緩和する症状があります。また、ザクロにはビタミンB郡、ビタミンCも豊富に配合。代謝の促進、抗酸化作用などによって、体の老化を予防します。ザクロの注意点として、乳がん、子宮がんの女性の方には適していません。


●イソフラボン
イソフラボンは大豆に含まれるポリフェノールです。植物エストロゲンが含まれているので、更年期症状の改善をサポートする作用があります。ホルモンバランスが改善することで、血流や代謝も活性化します。その他、コラーゲン合成作用もあり、肌や髪の毛のハリを改善する作用もあります。


●プエラリアミリフィカ
プエラリアはタイ、ミャンマーに分布するマメ科の植物です。プエラリアミリフィカには植物エストロゲンが豊富に含まれています。大豆イソフラボンよりも豊富に含まれ、代謝の活性化、バストアップ、更年期症状の緩和などをサポートします。血流改善作用もあり、薄毛対策にも有効です。

つむじの抜け毛対策

つむじの抜け毛対策について。生活習慣の改善やシャンプー、育毛剤など、今日から出来る事を紹介します。



・抜け毛予防の対策として食生活を見直そう
抜け毛予防は毎日の食事を見直して、髪の毛に良い栄養素を摂ることが大切だです。特にタンパク質、ビタミン、亜鉛は重要な栄養素として挙げられます。 肉や乳製品、大豆などに含まれているタンパク質は、毛髪を作るのに大切な栄養素です。また、ビタミンB群、ビタミンE、ビオチンは抜け毛を予防します。

亜鉛にはタンパク質代謝作用やホルモンバランスを整える作用があります。不足しやすい栄養素なので、レーバーや卵黄、うなぎ、アーモンドなどを摂るようにして補いましょう。難しい場合はサプリでの摂取がおすすめです。 栄養バランスの良い食生活をすることによって、髪の毛や頭皮にしっかりと栄養が届き、抜け毛を予防できると考えられます。

・規則正しい生活が抜け毛の予防対策になる
抜け毛予防には生活習慣を改善することも欠かせません。 特にストレスが蓄積していたり、睡眠不足が続いている場合には、抜け毛が増える傾向があります。適度にリラックスできる環境を作り、規則正しく質の良い睡眠を取るようにしましょう。

喫煙は血行不良やビタミンC不足を引き起こすため、育毛には良くありません。 お酒を飲み過ぎるとタンパク質の不足に繋がると考えられていて、髪の毛がしっかり成長できなくなることがあります。 煙草は血行不良の原因となるため、抜け毛の予防をしたい時には禁煙した方が良いと言われています。

・シャンプーの見直し
シャンプーの成分を確認することも、抜け毛予防には大切です。 市販のシャンプーの多くは、洗浄力が高い高級アルコール系シャンプーだと言われていますが、抜け毛の予防をしたい時には、頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプーを選ぶことがポイントです。

頭皮や髪の毛を清潔にすることは抜け毛予防のためになりますが、洗浄力の強いシャンプーを使用すると、頭皮の乾燥や皮脂の過剰な分泌の原因になり、フケやカユミが増えます。 また、頭皮に爪を立ててゴシゴシ洗う方法もやめるようにしましょう。